free my mind

freemymind.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2011年 12月 28日

2011→2012

b0120163_22574069.jpg

今年もあとわずかとなりました。私は明日も仕事ですが。。。
年末ということもあり、駆け込みでたくさんの人に会ってはお酒を飲む日々です。
おかげで毎日二日酔いで仕事をしています。

今年は本当にたくさんの出来事があり、たくさんいろんなことを
考えさせられました。
来年はすこしでも今年より穏やかな一年になればいいな。

今年もお世話になりました。

よいお年をお迎えください!
[PR]

by fmm-miki | 2011-12-28 23:00 | Cuba
2011年 12月 26日

RonとMúsicaとAmor、それが人生

b0120163_22233963.jpg

Casaに戻ると、このCasaの主人:Pabloがやってきた。Pabloはことあるごとに
「Ron飲むか?」と言ってくる(笑)
お言葉に甘えて、二人でRonのストレートをショットグラスでいただく。
結局これを延々繰り返すんだけど。

そして二人でテラスでおしゃべり。Pabloはほとんど英語が話せないけど、
なぜだかPabloのスペイン語はよく分かる。
私も単語だけだけど、Salsa見てきたよとかキューバっていいねとか
そんな話をする。
Pabloは、毎日こうやってRonを飲んでSalsaを踊ってれば最高に楽しいんだよって
言ってた。そして、「RonとMúsicaとAmorがあれば十分だよ。それが自分の
人生だよ。」と。一生懸命働くという人生もあるけど、働いて死んだらそれまでだ。
だったら、楽しく生きたほうがいいって。
なんだかこの言葉にはいい意味で衝撃を受けた。日本では一生懸命働くことが
よしとされている中で、日本の裏側ではこうやって人生を楽しんでいる人たちが
いるってこと。私ももっと自分の好きな生き方をしてもいいんじゃないかなって
思った。

Ronを数杯飲んで、Salsaレッスンをしてくれて、楽しい時間だった。
実はこのPabloとの時間が私のTrinidadでの一番の思い出かも。
[PR]

by fmm-miki | 2011-12-26 22:31 | Cuba
2011年 12月 25日

夕暮れ時

b0120163_14435276.jpg

散歩を終えてCasaへ向かう帰り道。

何気ない景色もすべて「絵」になってしまう。
[PR]

by fmm-miki | 2011-12-25 14:45 | Cuba
2011年 12月 24日

▽▲Merry Cristmas▽▲

b0120163_1414185.jpg

心穏やかなChristmasになりますように。

私は既にワインを飲んでいい気持ち♪
[PR]

by fmm-miki | 2011-12-24 14:15 | Japan
2011年 12月 24日

Cuban people#4

b0120163_1473991.jpg

ラ・カンチャンチャラを出て、前の道をまっすぐ歩く。
石畳とパステルカラーの町並みがなんとも言えずかわいい雰囲気を
作り出している。

とぼとぼ歩いていると、家の前に座っておしゃべりしている地元の人。
気さくにあいさつしてくれて、少し言葉を交わす。ここにもう一人
頭にカーラーを巻いた最高にいい感じのおばちゃんがいた。
「みんなの写真を撮ってもいい?」と身振り手振りで伝えると二つ返事でOKしてくれた。
でも肝心のカーラーおばちゃんは「私はこんな頭だからいいよ~」と言って
フレームアウト。「えーなんでー。いいじゃーん」っと言っても「いいから!いいから!」
と言って逃げてしまった(笑)
でも、この写ってる人たちも本当にいい人。

キューバ人の人懐っこくてあったかいとこも好きだな。
[PR]

by fmm-miki | 2011-12-24 14:12 | Cuba
2011年 12月 23日

Stone pavement

b0120163_1431595.jpg

Trinidadの魅力は当然、石畳にあると思う。
石畳は歴史を感じさせてくれる。

石畳の上を歩いていると音楽が聞こえてくる。
そのまま吸い寄せられるように音の鳴るほうへ行くと
そこにはTrinidadで有名な「ラ・カンチャンチャラ」というお店があった。
行ってみたいと思ってた場所だっただけに、偶然見つかって嬉しい!

このお店で有名な「ラ・カンチャンチャラ」というお酒が飲んでみたかったの(笑)。
ラムとはちみつとレモンで出来たカクテル。素焼きのコップに竹串みたいな
マドラーがついてきて、底に沈んだはちみつをまぜながら飲む。
まぁまぁ美味しい。そこでもバンドの生演奏があり、サルサを踊ってる人もいる。
のんびりラ・カンチャンチャラを飲んで、一休み。

TrinidadもHavanaもみんなが自分のペースで生活するという感じが
なんだかとても居心地がいい。
[PR]

by fmm-miki | 2011-12-23 14:41 | Cuba
2011年 12月 18日

Museo Nacional de la Lucha Contra Bandidos

b0120163_13514851.jpg

一通り散歩して再び革命博物館に戻ってくる。もうそろそろ入れるかな~と
思って中をのぞくと、「もうあとちょっとだけ待っててほしい」とまた言われる。
「え~もういいでしょ~15分以上は経ったでしょ!」と言ってなんとか入れてもらう。
この待たされた理由っていうのは、最後まで分からなかった・・・。

さすがHavanaの革命博物館に比べると全体的にこじんまりとしていて、展示も
数は少ない。とりあえず最初は塔の上に行ってTrinidadの街を見下ろしてみる。
b0120163_13542890.jpg

屋根のレンガが独特の色合いでモザイクのようになっている。遥か遠くにはカリブ海。

下に戻って博物館を見学。夕方なのかほとんど人もいない。
血のついた服とか、キューバ革命で亡くなったと思われる人の
写真とか見ているうちになんだか怖くなってきて、早々に撤収した。
b0120163_1358160.jpg


さてと、またぶらぶら歩こうかな。
[PR]

by fmm-miki | 2011-12-18 13:58 | Cuba
2011年 12月 14日

Cuban people#3

b0120163_2355854.jpg

散歩している時に出会ったおじいちゃん。
椅子に座ってのんびりしているそばを通ったら、あいさつをしてくれた。
そして、ちゃんとポーズをとってくれたので、写真を撮らせてもらった。

やっぱりチップいるのかな?と思ってたところに、おじいちゃんは
「Japón? Bonita」と言ってくれた。特にチップを要求するでもなく
柔らかく笑ってくれた。

味のある渋いおじいちゃん。きっと激動のキューバをいろいろ見てきたんだろうね。
だからこそにじみ出る雰囲気がかっこいい。
[PR]

by fmm-miki | 2011-12-14 23:09 | Cuba
2011年 12月 13日

Trinidadの日常

b0120163_2240138.jpg

ひとまず夜までは別行動で集合時間を決めていざ外へ。
特に目的も決めずぶらぶらと歩く。とりあえずここTrinidadでも革命博物館へ
行くことにする。
行ってみると「今はまだ入れないから、あと15分後くらいに来て」と言われる。
理由はよく分からないけど、入れないなら仕方ないので周辺を散歩してみる。

私の中で、Trinidadってかなりツーリスティックな場所というイメージが強いけど
路地裏へ入ってみると、ちゃんと人々の生活がある。
そういう光景が一番見たい景色なのかも。
TrinidadはやっぱりHavanaよりのんびりしている気がする。
(Havanaも十分ゆったりめなペースだとは思うけど)
b0120163_22454529.jpg

学校帰りの子供たちが遊んでるところを見ると、妙に懐かしい気持ちになる。
日本だとあんまり見かけなくなった。
そして、更に奥の方へ行けばお正月じゃないけど、凧揚げしてる子がいた!!
b0120163_22473198.jpg

「私も子供の頃は凧揚げしたよ。しかも学校では凧揚げ大会があったよ!」と
心の中でその子につぶやいてあげた(笑)
[PR]

by fmm-miki | 2011-12-13 22:52 | Cuba
2011年 12月 11日

Trinidad

b0120163_1633185.jpg

Trinidadの手前からまた雲行きが怪しくなり雨が降り出した。
せっかく来たのに、また雨・・・とテンションが下がる。
初めてみるカリブ海もどんより雲のせいでイマイチ感動がない。

でも、Trinidadに着いた時には雨も上がって晴れてきた。
バスを降りると、猛烈に蒸し暑い・・・。そしてCasaの客引きは誰もいない。
こんな蒸し暑い中、Casa探しは骨が折れるなぁと思っていたら、同じバスに乗っていた
アジア人が声をかけてきた。二人組の韓国人で部屋をシェアしませんか?とのお誘い。
快諾して一緒にCasaを探す。

私の中では、もうTrinidadに対する興味は薄れ始めていたから、正直Casaはどこでも
良かった。心の中は早く明日Cienfuegosに行きたいという気持ちでいっぱいだった。

うろうろと歩き始めると、ようやくあちこちからCasaの客引きがやってくる。
数件まわったのち、偶然自転車でやってきたおじちゃんのCasaへ泊ることにする。

韓国人のビョンホとスジョンはたまたま一緒にTrinidadへやってきたとのこと。
二人とも韓国に住んでるわけではなく、一人はカナダもう一人はアメリカに住んでいるらしい。二人とも英語が堪能で、すごく気持ちのいい人たちで良かった。

Casaも悪くなさそうだし、これで一安心。そしてみんなでランチを食べに行くも
どこに何があるかよく分からず、適当に見つけたレストランに入る。しかし、入った
レストランは観光客向けというより、キューバ人向けのレストランでメニューも3つしかない。店員も英語が分からずで、注文するのも一苦労。出てきたご飯は驚くほどに美味しくなかった。「なかなかキューバの旅は難しいね」なんて話をしながらご飯を食べる。
でも、今までろくに英語すら話せる機会がなかっただけに、こうして言葉が通じて会話が出来ることが嬉しかった。

ランチの後は、夕方まで別行動をとることにした。今夜は有名と言われてるロブスターを食べて、Casa de la Músicaに行くことになた。Trinidad意外と楽しくなりそう。
[PR]

by fmm-miki | 2011-12-11 16:58 | Cuba