free my mind

freemymind.exblog.jp
ブログトップ
2012年 01月 09日

Casa de la Música

b0120163_14182818.jpg

PabloとRonを飲んで盛り上がっているところにビョンホとスジョンが戻ってきた。
「miki~やっぱりここにいた!ずっと待ってたんだよ」と言われた。
どうやら待ち合わせ時間を間違えていたみたい・・・(笑)

気を取り直して、Comidaを食べに行く。ビョンホたちがロブスターを食べられる
お店を見つけて、アレンジしておいてくれた!ありがとう。
サラダ・ロブスター・飲み物・デザートで5CUCと言われ、お店に行けば
「そんなはずはない」とお決まりの展開。なんとか5CUCフルコースにしてもらい
ロブスターが登場!バンド演奏を聴きながらいただく。「やっぱりなんだかよく
分からない味だね~」なんて結果だったけど、いつもと違った料理はちょっと新鮮。
おなかもいっぱいになり、Casa de la Músicaへ向かう。

遅い時間帯にならないと盛り上がらないのがキューバ。10時くらいに行ってみると
それなりにお客さんがたくさんいた。なんとか席を確保して、さっそくモヒートを。
最前列のスペースではSalsaを踊るキューバ人カップル。
そのSalsaが信じられないほどに上手くて見とれてしまう。もうこのリズムがDNAに
刻み込まれてるんじゃないかというほどに、なめらかな動き。
もちろんそのカップルはみんなの注目の的だった。その後、数人のカップルが
前に出て踊り始めた。欧米人もそれなりに踊れている感じだけど、キューバ人は
圧倒的に違う。でも、みんな楽しそうに踊ってる姿を見てるだけで、私までもが
なんだかすごく楽しい気分になってくる。
ドレッドのキューバ人お兄ちゃんだって、めちゃくちゃ笑顔でSalsaを踊る。
社会主義でいろんな制限がある中でも、Salsaがあるからみんな明るくやっていけるのかな
なんて考えた。

その後、アフロクバーノのダンスを見る。これがまた初めてみる感じで、なんというか
人間もやっぱり動物的なところがあるんだよなぁって思わせるダンスだった。
キューバ、音楽好きな人だったら思いっきり楽しめる国だよね。

きっとこれからまだまだ盛り上がるんだろうけど、ビョンホたちが明日朝早いため
12時過ぎには切り上げる。
石畳の暗い道を歩いてても遠くからSalsaの音楽が聞こえる。
どこにでも音楽があるっていいな。
[PR]

by fmm-miki | 2012-01-09 14:35 | Cuba


<< 出発の朝      謹賀新年 >>