free my mind

freemymind.exblog.jp
ブログトップ
2014年 11月 07日

Souk

犠牲祭の翌日、少しはお店も開いているだろうと期待しながら、朝から
張り切って出かける。まずは、昨日たどり着けなかった「Maison de la Photographie」へ
向かう。
スーク内は、閉まっているお店も多少あるけど、活気を戻しつつあった。
b0120163_1434544.jpg

とあるアンティークショップの屋上から見た景色。
天気が良ければ、アトラス山脈まで見えるらしい。
b0120163_1491726.jpg

ベン・ユーセフ・マドラサの建物。緻密さに目がくらむ。
b0120163_14101269.jpg

スーク内はずっとこんな風景ばかり。一度迷ったら、二度と出られない自信がある。
昼間はいいけど、夜は恐怖でしかない。本当にパニックになりかけ、半泣き状態だった。
b0120163_14111151.jpg

何だか良く分からないが、こういうものに惹かれる・・・。
b0120163_14113665.jpg

なんか好きな景色。この景色を撮ってるだけでも、子供たちが「No photo!!」やら
「one photo, one eur」と騒いでうるさい。景色くらいいいでしょ?と思うけど。
いちいち写真が撮りづらい。
同じアラブ人でも写真撮って、撮って!のイエメンとは大きく違うんだね~。
[PR]

# by fmm-miki | 2014-11-07 19:01 | Morocco
2014年 11月 06日

Kosy Bar

犠牲祭の夜、RiadのオーナーNellyとスイス人カップルと4人でディナーへ。
迷路のようなメディナを抜けて向かった先は「Kosy Bar」
ここのシェフは日本人らしく、メニューにはお寿司があった!
b0120163_13475467.jpg

テラス席からは、美しい夕日が見える。
b0120163_13481791.jpg

あいにく満席だったが、運よくはいれることになった。
みんなでいろんな話をしながら、ワインを飲んで、料理を満喫して。
旅でのこういう時間がすごく好きだな~。

観光客向けのレストランだけあり、内装も凝ったつくりになっている。
マラケシュというより、東京にいる雰囲気だな。
b0120163_13514244.jpg

結局、ワインを2本あけて、グラッパを飲んで、最後はなぜかビール(笑)
ここにいるカナダ人の歌手は、阪神淡路大震災の時にちょうど大阪にいて
びっくりした、なんて話もしつつ気づけばもう12時過ぎてた。
[PR]

# by fmm-miki | 2014-11-06 19:44 | Morocco
2014年 11月 04日

Marrakech

b0120163_1312388.jpg

マラケシュは細部が美しい。

b0120163_13122451.jpg

マラケシュはタイルが美しい。

b0120163_13124372.jpg

マラケシュは足元も美しい。

b0120163_13134062.jpg

マラケシュは朽ちた壁ほど美しい。

b0120163_13134993.jpg

マラケシュは汚れているものほど美しい。

b0120163_13142354.jpg

マラケシュは光と影のコントラストが美しい。

b0120163_13144981.jpg

マラケシュは乱雑さでさえも美しい。

これほどまでに美しいものがたくさんあるのに、なぜか
マラケシュはあまり好きになれなかった。
[PR]

# by fmm-miki | 2014-11-04 13:17 | Morocco
2014年 10月 27日

犠牲祭

モロッコに着いた日からいろんな人に「明日は犠牲祭だよ」と言われた。
イマイチ、ピンとこなくて、何かの行事だろうくらいにしか思わなかった。
そもそも犠牲祭ってなに?
「犠牲祭は世界中のムスリムがサウジアラビアのメッカへ巡礼をし、また、巡礼に参加していないムスリムも動物を1匹生贄として捧げ、この日を祝う。」ということらしい。ものすごく簡単に言うと。そして、この犠牲祭のためにどの家庭も早々と羊を一匹購入し、この日丸々一頭さばいて、家族でお祝いをする。

犠牲祭当日。リヤドの屋上で朝ご飯を食べているとあちこちから羊の悲鳴のようなものが
聞こえてくる。そして、火を燃やす臭い・・・。
b0120163_204997.jpg

外へ出ればスークのお店は全部閉まっている状態。出歩いているのは、観光客か猫くらい。
b0120163_20491611.jpg

道端には明らかに羊をさばいた後があり道路は真っ赤な血に染まっていた。
そして、一番驚いたのが、あらゆるところで羊の頭を焼いている。強烈なにおいを放ちながら。
黒焦げになった頭。首だけ落とされ虚ろな目をした羊の頭がごろごろ散乱。
b0120163_2051333.jpg

皮は天日干し中?

この日は、彼ら独自のお祭りということもあって、スークの中はものすごく
閉鎖的な感じが充満していた。とても写真を撮れるような雰囲気ではなかった。
元々写真を撮られることを好まないイスラム教徒ではあるけど、この日は特別
その空気が強かった。
b0120163_2054764.jpg

まるで「他」を排除するような強い気を感じて、とても居心地が悪かったのも事実。

この日の前日の夜にも嫌なことがあり、なんとなくモロッコが馴染めないなぁと
感じたり・・・。
b0120163_2055421.jpg

でも、ある意味、とても貴重な体験だった。
[PR]

# by fmm-miki | 2014-10-27 20:43 | Morocco
2014年 10月 26日

Mint tea

モロッコと言えば、ミントティ。モロッコに来たら、思いっきり飲んでみたいと
ずっと思ってた。言うなれば、インドのチャイと同じ。

フナ広場の雰囲気にのまれつつ、ふらふらと入った屋台がとりあえずのミントティ。
やはりイスラム圏だから、アルコールがない。とりあえずのビールといきたいけど
無理なので、とりあえずのミントティ。
b0120163_21234551.jpg

このディスプレイが最高にかわいい。
こんなに大きい角砂糖が入っているにも関わらず、ミントのさっぱり感の
おかげでいくら飲んでもくどくない!
b0120163_2125754.jpg

でも、この独特な味わい。
遂に、私はアフリカ大陸にあるモロッコ王国にたどりついたと実感する。

しかし、猛烈な睡魔と疲労感に襲われ、今夜はこのままリヤドへ帰宅。
[PR]

# by fmm-miki | 2014-10-26 21:21 | Morocco