カテゴリ:Ladakh( 41 )


2008年 12月 28日

ラダックを去るとき

b0120163_19541753.jpg


ラマユルトリップを終えて、Wolfgang,Sophia,Sigurdと別れる時がやってきた。
旅をする限りは、やってくる別れ。別れがあるからこそ、旅なのかも。
一緒にいる時間が心地よかったから、別れがたい。
でも、必ずまた会えると確信が持てた。
ありがとう。また会える日まで!

そして、ラダックとの別れ。
インドの山奥にこんなにも素晴らしい場所があったことを知れてよかった。
とてもとてもラダックが大好きになった。
「また来年来ちゃうかも!?」と、レーの街にこっそりつぶやいた。

インド ラダック
[PR]

by fmm-miki | 2008-12-28 19:59 | Ladakh
2008年 12月 27日

old ladies

b0120163_11463647.jpg


味のあるラダッキのおばちゃんたち。
小遣い稼ぎ的に、写真を撮らせては、小銭を要求する。
でも、なんかそれが憎めなくて、かわいかったりもする。

インド ラダック ラマユル
[PR]

by fmm-miki | 2008-12-27 11:45 | Ladakh
2008年 12月 26日

Can you see the light?

b0120163_11405169.jpg


ラマユル・ゴンパの一番上に登ったとき、風がとても強かった。
雲の切れ間から太陽の光が差し込んで、神々しい瞬間。
「本当にラダックに来て良かった」と心の底から思った。

インド ラダック ラマユル・ゴンパ
[PR]

by fmm-miki | 2008-12-26 11:40 | Ladakh
2008年 12月 26日

holy words

b0120163_11362244.jpg


経典の中はやはりチベット語で書かれている。
当然だけど、ここはインドではなくて、確かに「チベット」なのである。

インド ラダック ラマユル・ゴンパ
[PR]

by fmm-miki | 2008-12-26 11:38 | Ladakh
2008年 12月 25日

経典

b0120163_11341643.jpg


インド ラダック ラマユル・ゴンパ
[PR]

by fmm-miki | 2008-12-25 11:32 | Ladakh
2008年 12月 24日

美しい手

b0120163_20424035.jpg


インド ラダック ラマユル・ゴンパ
[PR]

by fmm-miki | 2008-12-24 20:42 | Ladakh
2008年 12月 23日

千手観音

b0120163_111623100.jpg


インド ラダック ラマユル・ゴンパ
[PR]

by fmm-miki | 2008-12-23 11:17 | Ladakh
2008年 12月 18日

ラマ

b0120163_2071625.jpg


インド ラダック ラマユル・ゴンパ
[PR]

by fmm-miki | 2008-12-18 20:07 | Ladakh
2008年 12月 16日

月の世界で月光浴

b0120163_202121.jpg


ラマユルは「月の世界」と呼ばれている。
見た感じが月っぽいからだとか・・・。
大昔は海の底だったらしく、地層が変わっている。

ラマユルに着いた夜、ゲストハウスの屋上で、Sigurdと二人で
空を見上げていたら、雲の陰から月が顔を出した。
街灯や家の灯りがほとんどないラマユルでは、驚くほどに月の光が明るく
差し込んできた。

月の世界で月を眺める。
とても美しい夜だった。

インド ラダック ラマユル
[PR]

by fmm-miki | 2008-12-16 20:23 | Ladakh
2008年 12月 11日

ラマユルトリップ

b0120163_2055983.jpg


ラダック滞在後半は、Sigurd Sophia Wolfgangと一緒に1泊2日のラマユルトリップ!
レーからタクシーをチャーターして、一路ラマユルへ。

ラマユルはもうシーズンオフでゲストハウスもクローズ。
レストランも料理は1つしかなくて、みんな翌日にはそれぞれの故郷へ帰ると
言っていた。
物悲しい雰囲気で、時々軍のトラックが通るだけ。
まるで世界の終わりみたいな感じだった。

でも、ラマユル・ゴンパで会ったおかあさんは楽しそうな顔をして
仕事をしていた。

インド ラダック ラマユル
[PR]

by fmm-miki | 2008-12-11 20:59 | Ladakh